スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

リメイク。







前回のメイクよりも
ナチュラルな色味にしてみました。

パテ盛りカスタム 〜サーフェーサー編〜

サフ吹き付け

磨き終わったら
よく削りかすを落として
肌色サーフェーサーを吹く。

真っ直ぐサフを吹くと
不自然になりやすいので注意。

完成

一先ず完成です。

この後は、メイクをします。

パテ盛りカスタム 〜磨き編〜

パテ盛り:03


パテが硬化するまでしばらく放置です。

パテ盛り:04

パテが硬化したら
表面を磨きます。

凹凸が無いようにするコトと
キャストとの境目をよく馴染ませる。

二重のモールドも彫りました。

パテ盛りカスタム 〜パテ盛り編〜

下準備:3

まず、グラスアイにサランラップを
皺にならないように巻きつけ
ヘッド裏側から隙間の無いように装着。

ヘッドにアイホールの中心線と
瞼の空き止まりの印(黄色の線)をつけてます。

パテ盛り:1

いよいよ、パテ盛りです。
使用しているのは、2つの粘土を混ぜて使うタイプ。

薄すぎず、厚すぎず適度な厚みで
ホールを覆う。
今回は、薄眼をあけている状態にするので
この時、全てを覆い尽くさないようにする。

なるべく、キャストとの境目は
パテを薄くして馴染ませるように
乗せると仕上がりが奇麗…かな?

パテ盛り:2

反対側も最初にやった方に合わせながら
パテ盛りします。

どちらかと言ったら
後の方が難しい…。
最初は、合わせるものが無いからね…。

パテ盛りカスタム 〜下準備編〜

カスタム工程を載せていた
ブログのカスタム工程部分が
サーバーのクラッシュにより
飛んでしまったので
こちらへカスタム記録として
ご紹介いたします。





下準備:1

旧29ヘッドの眠り目カスタムの雰囲気を
フォトショップで試しに作ってみました。

下準備:2

コチラは、宵風(スカーセシル)の目の部分を借りて
画像を重ねて見ます。

個人的には、出来上がりの雰囲気は、予め分っていた方がやりやすい。

メイク。

旧No.29ヘッド 眠り目カスタム 初メイク。

霧影00



霧影01

| 1/1PAGES |